2005年09月22日

新会社法で企業経営と株式投資はこう変わる

新会社法で企業経営と株式投資はこう変わる
藤田 勉 (著)

単行本: 164 p 価格: ¥1,995 (税込)
会社法は大きく変わりましたよね。
その株式投資を投資という観点から証券会社の日本株ストラテジストが書いています。
法律の専門家による法律面の監修ももちろんしてあります。

投資においても、今度の改正について知っておかなければいけない事項がたくさんあるでしょう。それほど大きな改正ですから・・。それを企業経営や株式市場の観点から書いてあるのですから、正に投資家にうってつけです。
164ページと非常にコンパクトでさらっと読めます。
投資家にお奨めな本です。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 株式投資関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

世間の嘘

この前観たあるドラマで
「幸せって他人じゃなくて自分が決めることだよ!」みたいなセリフがあったのですが、
現実は逆じゃないかな、と思います。
学生の頃までは私も上記のセリフのように考えてました。
でも社会に出てからは逆の考えに変わりました。

人間、自己評価より他己評価を気にする生き物だし、
人生を決めるのも実は他人次第なのではないでしょうか。
受験とか就職とかって合否を決めるのは自分ではないでしょう?
試験官っていう他人が決めますよね。
自分で決められるのはその結果についてだけ。
満足するか、後悔するか、無理矢理自分を納得させるか。

「イイ大学を出てイイ会社に入る」神話は崩壊したかのように思えますが、実は今もその神話は健在なのではないでしょうか?
確かに一流大学を出ても、一流企業には簡単には入れなくなりました。
でも、だからといって一流企業(に入ること)を目指さない理由にはならないでしょう。

話しは反れましたが、いくら「自分の好きなこと」を仕事にしている、と本人が思ってるとしても、その仕事が世間から評価されてない、と知った時、「好きな仕事をしているはずの自分」に自信は持てなくなると思います。
でも負けを認めたくないから、「好きなことだから」と自分に言い聞かせて自分を欺くのではないでしょうか?
いずれにしても思い込みですね。
その逆も然りでしょう。
自分はさほどやりがいのある仕事をしているとは思ってなかったけれど、世間を見てみたら自分はかなり高待遇のほうだった、と知ってから急に幸福感と自尊心に満ち溢れだしたりして。
人間って結構そんな単純な生き物じゃないですか?

耳タコな「価値観は人それぞれ」っていうの実は嘘じゃないかと思います。
誰が言ったか、どこの国の言葉だったか忘れましたが「人の幸福は一様だが、不幸は様々である」みたいな意味の言葉だってありますし。
その嘘で自分を欺く人は実に多いと思います。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:48| Comment(68) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

希望の有無

mg20050905.jpg

書店に行ったら「希望格差社会」という本を見つけました。
まず、タイトルを見た時、ゾっとしましたよ。
どうしようもない絶望感を感じました。
日本は所得格差だけじゃなく希望格差も拡がってしまったのか、と。
しかし、手に取ってパラパラとめくってみたら、結局「経済的な格差が希望の有無を決める」的な発想から発展してない展開っぽいので買うかどうかも考えず、書店を去りましたが。

今やはりあの本の内容がとても気になります。
全部立ち読みしてないだけに。

自分の考えとしては、20歳を過ぎたら希望の有無って所得格差とはあまり関係ないかも、って思います。

今、私は仕事をしながら司法試験の勉強したり、でも趣味もこなし周囲の人からかなり「前向きな人」に見られますが、「漠然とした将来への不安」だらけです。
とにかくそれらを打ち消す、それらと闘うために絶えず何かに没頭するようにしているのに過ぎないのです。
毎日その日を精一杯生きるようにしているだけです。
「生きている」ではなく、「生きるようにしている」のです。

今まで生きてきた中で、結構(沢山?)夢を叶えましたよ。
でも、夢が叶って心の底からの幸福感に浸れる、これからもずっと生きることへの前向きになれるのは、せいぜい1週間ですよ。

「所詮、その程度の夢しか叶ってないからだろ。」って笑わないで下さいね。
法曹になるのと同じくらい、いや、それ以上の夢も叶えましたよ。
その時も「自己実現したぁ」っていう嬉しさは1週間も持たなかったですよ。
そういう感情は、ごく自然に自ら心の底から湧き上がってこなくなりました。

なんだか本の内容から反れてしまいましたね。
(というか、いつも書きながら考えるタイプですが。)
なんか考えが纏まらないので、また後日書きます。

大きい画像はここです。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:33| Comment(21) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

4時間連続熱唱

昨日カラオケ行きました。
一緒に行った友達は、カラオケに行くのは好きだけど、
歌うのはイヤだ、というちょっと変わった?子なので、
私だけが連続45曲歌うことになりました。
時間にして4時間ぐらいですかね。
ドリンクも飲まず、ずっとです。

今度はもっと新記録したいと思います。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

カラオケ行ってきます。

今日は仕事が速く終わったのでカラオケ行ってきます。

携帯から失礼します。

追伸
松浦さんって、面白い人ですよね。
いつもブログ読んでます。ファンです。

でわでわ。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:02| Comment(2) | TrackBack(1) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

T字開脚

mg20050829.jpg昨日の「サザエさん」を観た人は覚えているでしょうか?
カツオが椅子の上で驚いて飛び上がりT字開脚したんですよ。インリンも仰天!?
あれがワカメなら放送コードにひっかかりますよね?
(ワカメいつもパンツ丸見えですが。)

最近のサザエさんは作風に合わない描写も多々。
他にも、マスオさんが他の女性と相合傘しているのをカツオが発見して驚きもせず「マスオ兄さんに貸しができた!」ってニヤり。
普通の子供の感覚ならまず「浮気だぁ!」って騒ぐと思いますが。
それとマスオさんが寝ぼけて「バスト86・・・」となぜか女性の体のスリーサイズを言う場面も。
マスオさんのイメージが壊れた瞬間です。

まあ、あれだけの長寿番組ですから色々な変化は仕方ないですよね。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:06| Comment(12) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

Red blooded Woman 2

前に書いたように、高校時代は担任の先生とは折り合いが悪く、事あるごとに衝突してました。
しかし、全てについて抗議できたわけではありません。
あの時、ああ反論すれば良かったのにな、と後悔しまくりなこともあります。

毎日8校時授業があり、休日は大半が模試なのは、進学校だっただけではありません。
例の担任が、時間外手当、休日出勤手当て目当てなのではないかと思っていました。
彼らの経済行為のせいで貴重な青春を犠牲にされてたまるか!って思い休日の課外及び模試を無言でサボりましたが、あの時彼の経済行為を糾弾すべきでした。

彼に「ヒトラーの申し子」と烙印を押されたのは高2の初めでした。
不運にも3年次にも担任になりました。
彼は政治経済の教師なのですが、教科書通りに授業を進めないので
(要するに受験に関係ない話ばかりする。)
イラつくだけなので、いつも寝てました。

3年の時「特別講義」と称して3時間に渡って「戦争」の話しをしました。
旧日本軍の悪行を糾弾する、要するに「自虐史観」を流布する授業でした。
そういう話は中学の時に習ったことだし、歴史の教師でもないのにそういう類の話をするのは変だ!と思いました。
しかし、授業を妨害する権利は私には無いので黙って寝てました。
3時間に渡り講義をするだけでは飽き足らなかったのか、
「従軍慰安婦について」のレポートが宿題として課されたのです。
授業を寝ていて聞いてなかったので感想なんか書けません。
だから私は提出しませんでした。

そしたらその担任は、どうしたと思います?
なんと私に反省文5枚を要求したのです。

いくら課外や模試をサボっても反省文の要求なんてなかったのに。

さらに未提出のレポートについては本などで調べて必ず提出しろ!と命令されました。
この時です、担任が「ただの嫌いな先生」から「危険人物」に変わったのは。
明らかに反日ファシズムでしょう。

今頃あの担任は「マンガ嫌韓流」を読んで憤死してるんじゃないかしら。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:02| Comment(41) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

日本大学法科大学院 

スレに書いてあるので気になってちょっと調べて見ました。

通称:日本大学法科大学院 日本大学大学院 法務研究科(法科大学院 ロースクール)

出願日 平成17年9月7日(水)〜9月15日(木)
 (出願締切日必着)
期間が短いので注意!

試験期日 第1次:書類審査 第2次:10月2日(日)

試験科目は論文式6科目と面接。

定員100名(法学既修者50名)

資料請求(無料配布)
http://www.nihon-u.ac.jp/lawschool/mail.htm

授業料全額免除があるそうです。
ただし、入学金100万円かかります。
確かに現行受験生は敬遠気味だと思います。
適性も軽視だそうですが。

入学金は100万です。
100万で2年間通えます。
その他、奨学金で入学時に30万、月8万7千(利子なし)、月20万(利子有り)がでます。
また、50万、20万、20万の給付金(返還不要)が免除とは別にあります。
専用寮月額2万円、学部との共同で月額3万7千円で2食付もあります。

だそうです。

全免ならなかなか魅力的かもしれませんね。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 司法試験2005年絶対合格!への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

Red blooded Woman

論文が終わってから久しぶりにカラオケに行きました。
最近の十八番はカイリー・ミノーグの「Red blooded Woman」去年全英5位の名曲です。

で、曲とは関係ありませんが、自分も10代の頃はかなり熱い人間だったなあ、と昔を振り返りました。
10代の中でも特に熱かったのは高校時代ですかね。
今考えてもイラつくことばかりでした。

地方の進学校で、志望して合格した高校だったのですが。
「朝自習」と称して課題が毎日出たのですが、とても登校してから1限目のちょっとした時間にできるようなシロモノではありませんでした。
しかも漢字以外は前日予習しないと分からない問題で。
(予めテキストが英単語・古文単語・現代社会・漢字用のものがある。)
ちゃんと真面目にやって提出しないと、その倍の宿題が課されるのです。
実際にそれで1時間はかかります。実質それが1限目です。
そして普通の授業ですが、まず時間通りには終わりません。
休み時間は本来の半分の5分しかなかったです。
それを6限やったあと、放課後はさらに1時間補講です。
つまり毎日8限授業がありました。1年生のころからずっとです。
そして、ほぼ毎週模試があり、週休2日制なんて私たちには関係の無いことでした。
長い休みは半分は課外授業で潰れます。
つまり、世間では4週間夏休みがあるのに、私たちは2週間しか休みはないのです。

とうとうキレたのは高1の冬休みでした。
2週間しかない休みが課外のせいで1週間しか休めないなんて酷すぎる!
私は課外を全部サボりました。
毎日他校の友達とカラオケ行ったりそれはそれは楽しかったです。
模試も行かなくなりました。在宅模試は白紙で提出しました。

それと緑だか赤い羽根だかの募金ってありますよね?
1人100円強制だったんですよ。
「募金なのに強制なのは変だ!」と、担任に訴え支払いを拒否しました。
担任は「馬鹿なことを言うな!」と怒りましたが、無視しました。
そして大声でみんなに「募金が強制っておかしくない?それに100円って安いかもしれないけど、コンビニで10分バイトしないと稼げなくない?」って主張しました。
それに賛同して何人か払わない人も結構いました。
そしたら次の年から募金は強制じゃなくなったのです。
やはり正しいことは主張すべきなのです。

さらに部活入ってない人(入ってっても楽な文化部も含む)は強制的にボランティアでどこか(老人ホーム)へ連れて行かれたのですが、
これも「強制は変だ!」と参加を拒否し、後から私は個人的にホームに見学しに行きました。
これは多分、今でも強制みたいです。

こんな私を「ヒトラーの申し子」とまでのたまわった当時の担任は、長くなるので次回に書こうと思いますが、とても危険な要注意人物でした。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:15| Comment(7) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

私信 プラダさんへ

michi2.jpg

削除しました。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:59| Comment(4) | TrackBack(1) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。