2005年11月30日

出題の趣旨

出題の趣旨
ちょっとびっくりしました。
【民事訴訟法】
第 1 問
 控訴審における攻撃防御方法の提出に関する民事訴訟法の規律とその背景にある考え方について,第一審と控訴審との関係を踏まえて,論ぜよ。
(出題趣旨)
 現行法における控訴審が続審であり,口頭弁論の一体性も第一審と控訴審とを通じて観念される結果,当事者は控訴審の口頭弁論終結まで新たな攻撃防御方法を提出できることとなるが,これを貫くことにより生ずる第一審の軽視,形骸化という弊害を避けるため,現行法は具体的にどのような対策を講じているかの検討を求める問題である。控訴審における新たな攻撃防御方法の提出につき,時機後れか否かはどのように解釈されるか,いかなる要件の下で説明義務が課されるか,その懈怠がどのような意義を有するかを論ずべきである。
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/17syushi-kohyo.html

私の答案は内容で言えば出題の趣旨そのままです。
要約したら同じ文章になると思います。
1問目が恐ろしく跳ねているような気がします(2問目は、若干ピントはずれているようです。もちろん、論外ではないですが。)。

特に驚いたのはこのフレーズです。
「当事者は控訴審の口頭弁論終結まで新たな攻撃防御方法を提出できることとなるが,これを貫くことにより生ずる第一審の軽視,形骸化という弊害を避けるため,現行法は具体的に」
たぶん、ここのフレーズはほとんど同じかもしれないです。

当事者は控訴審の口頭弁論終結まで新たな攻撃防御方法を提出できることとなる。
しかし、これを貫くことにより第一審の軽視,形骸化(がいを平仮名で書いたのを覚えています)という弊害が生じる。
その弊害を避けるために,現行法は具体的に以下のように規律している。

たぶん、こんな感じだったと思います。
確か、その軽視、形骸化の弊害を導出するためというか説明というか、機会ある、審理が重複する(抽象的に)というようなことを書いたような気がします。
これはどっちが上、下の概念として書けばいいのかちょっと迷いました。

ひょっとして盗作された?

ということはないとは思いますがw

>控訴審における新たな攻撃防御方法の提出につき,
>時機後れか否かはどのように解釈されるか,

これも控訴審として解釈しました。時間が後、機会があるらへんを絡めて。迅速がどうのも書いたような気がします。

>いかなる要件の下で説明義務が課されるか,

要件を特に検討しました。

>その懈怠がどのような意義を有するか

これも検討しました。要件検討したらこっちも検討するのは流れからしても当然だとは思いますが。

出題の趣旨に書いてあることは全部書きましたが、書いてないことは一切書いてないような感じです。
ここまでずばりとは思わなかったです。

でも、あえて第1審と控訴審の関係を踏まえてということを書いているますから、気がつきやすかったのではとは思います。
これがヒントになりました。
関係を踏まえるんですから、多くの受験生がまず最初に比較したと思います。
比較するとすれば、手続きの流れからしても第1審を先に考えるのは当然ですし、基準とすべきでしょう。
控訴審は第1審を踏まえたうえで行うんですから当然ですが。
その第1審の規律を控訴審に当てはめてみて、でもそれじゃ、時間的に先の第1審無駄にならないかな?
ということで、現行法は・・・、みたい流れになるかと。
迅速にしましょうという新民事訴訟法の理解というか改正の経緯も役に立ったと思います。

民事訴訟法がわかる―初学者からプロまで」は旧民事訴訟法から新民事訴訟法への改正の経緯も重視している本だったので、今年この本を基本にがんばった人は特にできたと思います。

あとは、やっぱり手続の流れですよね。
民事訴訟法は、手続の流れどおりに問題文を分析すれば、特に苦のない問題が多いように思います。
あまり考えたことのないような問題ならなおさらですよね。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 18:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

1、論文試験について

1、論文試験について

 論文試験の結果ですが、ダメでした。
 今年は前回の論文と違い、ある程度期待を持っていたのですが、ダメでした。
 とてもショックでした。

 今は何も考えたくないという気持ちもありますが、そうも言ってられません。
 一歩でも進んでいかないといけないですからね。
 人生は戦争です。辛くても頑張らないとですよね。

 ひとまずはロースクール頑張りたいと思います。
 確保しているところに行くか、国立かといったところだと思います。
 司法書士のパンフレットも読んでみました。

2005/10/08 18:08メールマガジン:ぐるぐるにゃ〜@司法試験より抜粋
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 20:54| Comment(22) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

司法試験第2次試験論文試験 雑感 総合

択一低コスト突破で論文を万全の体制で迎え撃つというスタイルの方が多いようですので、レベルが気になります。
結局のところ、相対評価ですからね。
なんともいえないです。
絶対評価でAだと思っても、みんながハイレベルな答案書けば、些細なミスで大きく沈んでいきます。
予備校採点で27点とっても、みんな27点だったら平均なわけで。

また、答案の出来も採点基準が公開されているわけではないため、客観的に評価できないですからね。
論文試験って恐ろしいです。
相対評価ってことも考えるとどうなるかはさっぱりわかりませんが、科目ごとの出来具合は以下のような感じです。
商法>民訴>民法>憲法>刑訴>刑法

なんとなく法務担当者らしい出来具合のように思います。
憲法・刑事系など会社ではあまり使わない法令(刑訴や刑法をよく使う会社にはいたくありませんね)のできがよくなく、よく使う法律はよく出来ていると。

ちなみに、主観的な得意度は、民法>民訴>憲法>刑法>商法>刑訴です。
択一があるので上三法は相対的に主観的な得意度が浮くわけなんですが、民訴の勉強が最近楽しいと思うようになってきました。
民法、民訴は面白いですよね。
商法は、条文がすぐ変わるし、嫌だなぁと言う印象です。
似たような条文も多く構造も複雑で、条文の勉強が面白くないです。

見て回ったんですが、皆さんできていますねorz
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

刑事訴訟法(刑訴) 司法試験第2次試験論文試験 雑感

刑訴は、基本問題に加えて、若干事案を変化させてきた感じですね。
差がつかないんでしょうね。
事案から逃げたらダメなんだろうなと思いつつ、しっかりと事案に向かいました。
条文引用もミスをすると大きいかもなと思い、慎重に引用しました。
それでもみんなやっていることなんですよね。
最後見直しをしたときに、逮捕の条文引用し忘れていたことに気がついて直しました。
見直し感謝です。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

民事訴訟法(民訴) 司法試験第2次試験論文試験 雑感

民訴1問目は考えたこともなかった問題、かつ、控訴手薄でびっくりしました。
さすが試験委員だなぁとおもいました。
現場思考で考えてください、ってことでしょうかと思いました。
背景にある考え方って、そういう大きな視点ですか。
ただ、条文もすぐ見つかりましたし、比較もそれなりに上手く書けたと思います。
適時提出主義に関する議論をしっかりと勉強しておけば、特に問題はなかったと思います。
2問目は審理判断の対象が気がかりですが、大丈夫だと思います。
過去問中心だとここしっかり勉強するところなんですよね。
ビックリした割には、結構出来ちゃった科目だと思います。

余談ですが、ちょっと気になったこと。適性過去問に載っている座談会での1コマ。
判決理由中の判断について争点効説が曖昧といって信義則説が妥当というのは予備校のおかしな指導だというようなことが書いてありました。
信義則の方がよっぽど曖昧じゃないかということらしいです。
信義則説をとる場合には、争点効説への十分な配慮が必要だと思います。
確かに、曖昧だといって切るのはおかしいですよね。
明文で直接認めているか否かの方が重要だと思うのです。
たぶん、あまりよく考えずに明文の理由付けを書かずに曖昧一言で書いちゃう人が結構いるのではないかと思います。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

刑法 司法試験第2次試験論文試験 雑感

刑法1問目は特に問題ないと思いますが、2問目はなかったことにしたい感じでしたね。
賄賂ですか・・。この問題は淡々と処理し守りに入りました。
賄賂の条文操作、択一で捨てなくて良かったです。
憲民商と調子がよくこのままなら合格しちゃうかもと浮かれていたところだったので、これでとても気分が落ち込んでしまいました。これでダメなのかなと。
ただ、民訴刑訴もありますので、気分を切り替えて、大丈夫なはずと思い込むことにしました。民訴刑訴その時はすっかり忘れていたので、一応成功したようです(相対評価なはずなのにうかれていたのもおかしいですが)。

解答速報や、他の受験生の再現を見てみるとそんなに悪くないようなので、これでダメと考えることはなかったなと思いました。
むしろ、これを引きずった後のほうが怖いかなと。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:56| Comment(5) | TrackBack(1) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

商法(会社法、手形・小切手法、商法総則・商行為) 司法試験第2次試験論文試験 雑感

商法は、1番苦手なはずなんですが、今回は1番自信ありです。
1問目は、答案構成ノートにストックオプションも含めて全部載っていました。
これは完全に過去問焼き直しかなと思いつつ書きました。
あと、特殊性としては、普通決議、監査役、常勤→非常勤、10億円10万株なんでしょうかね。
2問目は商法総則典型+条文操作ってところでしょうか。
ここも条文の射程範囲に注意して勉強したところです。
個人的によく勉強したところが出たようです。
苦手だから勉強しないと!と思って勉強していたのでよかったです。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:14| Comment(6) | TrackBack(1) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

民法 司法試験第2次試験論文試験 雑感

民法1問目は、最初誰の保証人かを勘違いしていました。
答案構成って重要なんだなと思いました。
答案構成してなかったら勘違いしたまま書いちゃったでしょう。
答案構成様ありがとうございます。

受験新報で634、415を混同していると評価が低くなるとか書いてあったのを思い出しながら、この点を誤解のないように気をつけて書きました。
条文の射程範囲に注意しながら、問題文→条文→あてはめという感じで淡々と処理しました。
もちろん、論点もかきましたけど。論点を書くというよりは、条文の要件を書くというイメージに近いかと。
民法はこういう守るみたいな感じなだけでそれなりに守れちゃうどころか相対的に浮きかねない科目なので、淡々と処理しました。
2問目も同様です。ちょっと複雑でしたが。それは例年いわれている傾向ですしね。
特に民法は条文処理が得意になってきたところなので、ちょっとだけ自信あります。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

憲法 司法試験第2次試験論文試験

試験後約10日たちましたね。
一昨年よりはよく出来たと思います。
ただ、一昨年は出来が悪かったですからね。
今年の試験で一番注意したのが、条文の射程範囲でした。

憲法1問目は、問題見た瞬間、営業の自由、2重の基準論、規制目的二分論、飲酒の自由と書くことがいっぱいあるなと思いました。
これは、バランスを見ているのかなと思いました。
2問目に注ぐ時間も考えるとどの論点も1時間でしっかりと分厚く書くのは無理です。
あてはめ重視と言いつつ、あてはめを分厚く書くことすら難しそうです。
2問目は、裁判所は専門性がないから法案提出権がない、みたいな理由付けの論点ブロックをそのまま吐き出すとアウトかな、という論証暗記排除の問題でした。
1問目で時間をちょっと多めに使い大急ぎで2問目解くと気がつかずに書いちゃうかもしれません。
1問目と2問目の織り成すハーモニーとでも言うのでしょうか。
試験委員もよく考えていますよね。

規制目的二分論と2重の基準論を思い切って省いてもいいかなと一瞬検討したんですけど。
経済的自由権と精神的自由権の対比みたいな問題になっていたので、これは比較の視点出すためにも2重の基準論は必須かなと。規制目的二分論も知らないと思われると嫌なので、一応さらっと触れました。
ただ、それらはできるだけ簡潔にして、複合的な目的の検討を詳細にしました。
簡単に分けると自己加害、他者加害、政策的要請ですかね。
それと、反対利益も配慮です。しつこいくらい反対利益配慮しました。
なんだかんだいって1問目はかなりの量になってしまいました。
これだけ書いたんだから当然でしょうか。

2問目は、法案提出権認められない→問題文の特殊性→やっぱり認められないって流れでコンパクトにまとめました。
規則で認めているのは、独立のためですからね。
どの程度実効性があるのかは疑問ですが、一応の建前ですし、独立を害してまで認める利益はないかなと。別にどういう結論でも問題はないと思いますが。
比較の視点は、国会からの距離とよってたつ原則の違いってことで。

とにかく最初の科目だったので印象深いですね。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 2005年論文試験雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。