2006年08月15日

やりすぎている嫌韓流に対する苦言

予告を変更してお伝えします。

嫌韓流といったムーブメントが最近起こっています。
しかし、やり過ぎな面もあり、日本人としてどうかと思います。

「韓国は“なぜ”反日か?」を読んで
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

韓国が反日なことは、語るまでも無く自明なことだと皆さんも思っていると思います。
日本に核爆弾を落とすドラマが流行ったり、日本人立ち入り禁止の看板を出したりと例ならいくらでもあります。

その反日度合いも日本人の視点から見ると尋常ではありません。
日本の国旗や日本列島が燃え盛る絵を子供が普通に書いて、それを普通に誰も注意せず展示します。
日本を侵略すればいいといった子供に対して、韓国国民にも犠牲が出るから辞めるべきだという教師もいます。

ちょっとこれはやりすぎではないでしょうか。
いくら憎くても島が燃え盛る絵を描いたり、侵略することを正当化する子供をやりすぎであるとたしなめないというのはどういうことでしょう?
日本人の視点から言わせて貰えば、このような教育だと成人しても良い大人になれないと思う人が大半でしょう。
もちろん、「日本が嫌い」という思想や感情自体は別の問題です。
それの当否は別にしても、酷いことをするのはよくありません。
韓国政府及び韓国国民もその真否は別にして、日本に対して、酷いことをするのは良くないとして、謝罪と賠償を口癖にように繰り返しているではないですか。

(韓国政府が韓国国民に断りも無く日本の謝罪と賠償を受け入れて、許したということを国民にひたすら隠していた等韓国の政治体制にも問題があるといえますが、それはまた別の機会に。)

犯罪者がよくいう言い訳に「被害者が悪いから仕方ない」というものがあります。
被害者が悪ければ何をしてもいいという思想ではいけないと思うのです。
たとえ被害者が悪くても、悪いものは悪いのです。
実際韓国人の犯罪者が「だって日本人でしょ?」といったりしています。
これは明らかに韓国政府の韓国国民に対する反日教育による犠牲者でしょう。

いくら憎くても、やりすぎという限度を教えるべきではないでしょうか。

もっとも、日本人にはみんな仲良しにするべきという思想があるため、どこどこを嫌いということ自体差し控えるべきことになってしまうのですが・・・。

これは文化の違いで済む問題なのでしょうか。
本当にそれでいいのでしょうか?

「韓国は“なぜ”反日か?」を読んで
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

このページにはそれらの問題点を意識して書かれています。
近年流行っているやりすぎな嫌韓流ではなく、冷静に客観的に韓国の反日教育を論じていて大変参考になります。
単に真実を語るだけであり、日本人の悪いところもきちんと公平な視点で書いてあります。
かなり長文で、最後まできちんと読まないと誤解する恐れが多分にある文章ですが一読をお勧めいたします。
追記

このような日に場違いな文章を書くことを深くお詫びします。
近代国家建設の途上に遭遇した幾多の戦争で貴い生命を国に捧げられた246万6千余柱の英霊をお祀り申し上げ、国家安泰と国民の安寧への御加護を祈り、悠久の平和を祈願いたします。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 14:46| Comment(15) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どったのいきなり
Posted by エタジュニ at 2006年08月15日 22:10
>エタジュニさん
>どったのいきなり

今日は、首相が靖国神社に公式参拝した日であります!
Posted by miyuki at 2006年08月15日 22:49
>miyuki さん
違います!
Miyukiが巨乳になった日です。
Posted by FreeDom at 2006年08月15日 23:32
>FreeDomさん
覚えていてくれて、ありがとうございます!
感謝感激であります!
Posted by miyuki at 2006年08月16日 00:06
あくまでも一個人としての意見ですが
反日は韓国や中国にとっての
自国民の愛国心への意識の高揚としての
政治的道具にされているような気がしてます。
中国の江沢民の著書によると
永遠に日本に対しては
過去の出来事を許してはならないと靖国問題を
外交のカードとして持ち出すらしいです。
日本のアジア外交は今後も難しい舵取りを
強いられるのではないでしょうか。
Posted by まさ at 2006年08月16日 00:40
>まささん
だからと言って、反日ファシズムは許せません。
そうじゃなくてもあちらの国々は好きになれません。
Posted by miyuki at 2006年08月18日 21:34
>miyukiさん
しかしMiyukiの乳は少しだけ好きになれそうです。
お互い歩み寄ってはどうでしょうか。
Posted by FreeDom at 2006年08月18日 22:13
まあ、難しい問題ですな。
反日教育は、韓国・中国にとっては国策なので、それに関して日本がとやかく言ったり、日本が対抗して反韓・反中教育したら、向こうの方々と同じレベルになってしまうし・・・。
「大人の日本」としては、やっぱり無視するのが一番
なのかな?
 あと50年もすればこの問題なくなるのかな?
 50年後もやってたりして・・・

Posted by sei at 2006年08月19日 18:34
>FreeDomさん
確かにそうですね。
中国には歩み寄る余地はあると思います。
もちろん、中国側からも歩み寄る姿勢がないと無理でしょうけど。
Posted by miyuki at 2006年08月20日 17:43
>seiさん
>それに関して日本がとやかく言ったり
日本がそれを国策としていうことは今後もないでしょう。
普通選挙やったらどうだと言う話はしてもいいかもしれませんが。

>反韓・反中教育したら
現状ではしてないからいいんじゃないですかね?
こういう教育は良き日本にはなじまないですから。
むしろ、中国に配慮しすぎて変な教科書になっているものすらあります。そういうところは是正すべきでしょうけれど。

きちんと、無視できないのが日本人の悪いところかもしれませんね。
Posted by miyuki at 2006年08月20日 17:53
今の中国は少し違うかもしれませんが
例えれば、昭和40年時代後半の日本の高度経済成長時代のようなもの
乱暴な言葉かもしれませんが、少し調子に乗ってるきらいがあります。
今後は地域格差も拡大する等、様々な問題や不満が表れてくると想像できます。
そうなった時に経済・金融面で
日本の協力が必要になると思います。
ですから、小泉総理も以前記者団とのインタビューで
必ず中国は今の様な外交姿勢では後悔する時が来ますよ。って言ってました。
それでもまだ中国が今の様な態度で
日本に対し外交政策を展開してくるのか見物です。

また、韓国も現政府は支持率が下がると
反日をうたい支持率アップにつなげようとしています。
つまり、過去コメにも書いたように
政治的道具として対日外交政策を展開し続けています。
こんな目先のことばかり見ているようでは
とても未来志向とは言い難い現状ですね。
Posted by まさ at 2006年08月20日 19:14
 miyukiさん どうもはじめまして☆

 嫌韓流はやり過ぎで「韓国は“なぜ”反日か?」はそうじゃないと思われるのはなぜですか?私はどちらも大筋は正しく、そんなに違うようには思わないのでその根拠を教えていただければと思います。
Posted by 絶対☆成功!〜 at 2006年08月20日 20:16
 miyukiさん どうもはじめまして☆

 嫌韓流はやり過ぎで「韓国は“なぜ”反日か?」はそうじゃないと思われるのはなぜですか?私はどちらも大筋は正しく、そんなに違うようには思わないのでその根拠を教えていただければと思います。
Posted by どーも at 2006年08月20日 20:18
>まささん
全くその通りだと思います。
本当に中国や韓国は未来志向とは言い難いですね。

>絶対☆成功!〜さん
長くなりましたので記事にしました。
そちらをご覧下さい。
Posted by miyuki at 2006年08月20日 23:08
 『韓国はなぜ「反日」か』読みました。
 今までの歴史の認識を変えないといけないのかなというのが感想ですね。
 確かに、メディアの影響は大きいのと今までの「知識」によって「日本に対する誤解」が日本人である私にもあったことは認めます。
 歴史について事実がどうであったのか、どうであるのかが知りたくて仕方ないですね。
Posted by ひろべ〜 at 2006年08月24日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22371658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。