2006年01月24日

悪材料出尽くし?

であげたようですね。
今後は上のしこりとりのため調整というところでしょうか。
過熱感からある程度のリスクヘッジをしていた方は多いと思いますが、ここまで急激な変化が起こると予想していた人はあまりいないのではと思います。

上はしこりが多いのですが、押し目買いも旺盛のような気がします。
本当にどうなるのでしょうね。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうなるのでしょう?
ちなみに原油バブルが10月にはじけとんだロシア市場は今…
http://stock.rbc.ru/demo/rts.1/daily/RTSI.rus.shtml?show=1Y
Posted by yoyoyo at 2006年01月24日 22:15
こんばんは やがな(´・ω・`)  さっき帰宅 ort
日経の乱高下で目が回りそうなのに、
加えて東証システムの不安(LD株寄ったらどうすんのw)を抱えているのですから・・・不治痛 OTL
特捜の捜査が折り込み済みの範囲内だといいのですが、巷間いわれる「MHK」逮捕と別事件への拡大いう仮説を推し量ってみると・・・ヒルズの○○とオールバッ(ry などと顔や言動など思い浮んだりする空気も凍る夜でつwww まあ某○○が背後に絡んでいるケースがあるので流石に政府は突っ込めないかとw そうか!などと思い当たる節あるかたは色々調べるのも面白いかも。根が深すぎて「松本清張の世界かよ!」とリアルな世界におののく事でしょうww
それはともかく今の地合は二番底っぽい感じですので二番底によくあるどっちつかずの読みにくい展開が当面続くかも。試金石は16kをひょいっと越えれば力強さも感じるのですけれども調整期の空気が蔓延しているのは否めないところ。
miyuki銘柄 9824 上げて良かったですね。堅実なところは新興ほどの無茶な下げ方もないと思われます。HSBCのファンドとかもいい感じなので投信とかも忙しい人にはお薦めできるかも(インド好きなぼくはインド一押しでw)。不動産投資(REIT)はやや翳りありますが、債権関係もおもしろくこれから商品も増えるでしょう。いずれにしても3〜5分野に分散しておくことが鉄則ですね。株の分野でもさらにいくつかのセクターに割り振っておくことが重要かつ大きく儲けようとしない(利確と損切りー逆指し値など活用)。LD事件で株投資の熱は冷めたかと思いますが、もし株を始めれる方にはぜひ「自分のスタイル」を確立して守ることが大事かと。なにより熱いハートとクールな頭で。
長文スンマソンでした。ノシ
Posted by ジュゴン at 2006年01月25日 02:09
miyukiっちは休日何して過しますか?
Posted by nene at 2006年01月28日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12215852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。