2006年01月08日

今年はどんな年に? 株・ロースクール・司法試験・司法書士試験

あけましておめでとうございます。
昨年中はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

今年は、どんな年になるのでしょうか。

相場もバブルじみていますが、ブレーキをかけるようなニュースもちらほらと出始めてきました。さまざまな思惑があるようですね。
外国人主導ではなく、日本人主導のバブルが来てほしいものです。

現行司法試験もまだまだ枠としては現実的な数字です。
昔に戻ったというだけですね。

新司法試験、法科大学院制度は、理想と現実の狭間でゆれていますが、今後どうなっていくのでしょうか。株価の予想よりも難しいといわざるを得ません。

今年は商法の大改正の年です。
司法試験にとっても教材不足で大変です。
司法書士試験でもかなり大変らしいみたいです。

とりあえず、神田先生の会社法の基本書を読みつつ、新・会社法 100問 葉玉 匡美 (著)を読み解いています(100問は去年中に一度通して読み解くことができました)。

組み合わせ的には結構いいと思います。

というわけで、今年もがんばっていきましょう。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:17| Comment(7) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

miyukiさんにとって、今年一年が素晴らしい年になりますように〜
Posted by Yukichi at 2006年01月09日 01:25
Posted by at 2006年01月09日 01:27
あけましておめでとう。
とりあえず、更新があたので安心しました。
Posted by Brad.Pitt at 2006年01月09日 03:02
>>現行司法試験もまだまだ枠としては現実的な数字です。
>>昔に戻ったというだけですね。

ただ、かなりの受験生が新試験に臨むので、昔に比べて受験者の母数は減ってるんじゃないですか。
Posted by 漏れ流 at 2006年01月09日 03:09
お年玉画像ください
Posted by at 2006年01月10日 15:05
はじめまして そして あけましておめでとうございます。たまたまmiyukiさんのブログに行き当たりました。司法とは無縁の門外漢ですが、神田「会社法」は凄く良いと思います。随分と仕組みが変わってしまいますので新しい概念など新鮮です。毎年のように改正される商法でしたが今春施行の会社法は顕著に経済界および世界基準の波を受けてのもの。この構図は先に行われて今も進行中の司法改革と似た構造となっています。米が政府に毎年提出する要望書はほぼ時間差はあるとはいえ実行されているのが現状です。これから法曹界はとんでもなく波乱に満ちた未来が待っていると思いますが是非とも頑張って活躍してください。三権分立といっても司法の無力振りには辟易せざるえないのが実感。
 それはそうと株関連の日記&記事も期待しております。昨年の相場は凄かったですが今年はどうなるものか。急な上がり方に吃驚の連続。FXやワラントなども楽しいので是非挑戦してみて下さい。ノシ
Posted by ジュゴン at 2006年01月12日 03:57
miyukiさんみたいな子が職場の隣の席だと、仕事にならないな。
反則としか言いようのない体だ。
Posted by at 2006年01月14日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11471399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。