2005年12月17日

【誤植訂正済み】新・会社法 100問葉玉 匡美 (著)【再入荷】

新・会社法 100問
葉玉 匡美 (著)


出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478100195 ; (2005/11/18)

2刷の誤植を訂正したものが再入荷したようです。24時間以内発送になっています。

現時点での唯一の過去問+新問の答案集です。
プレテストのものっています。
しかし、プレテストは問題が難しいですね。
事実認定が特に。
これが要件事実論とかいうものなんでしょうか。
少しなれないといけませんね。・・でも、どうやって慣れればいいのでしょうか。
現時点では問題数が少なすぎます。
そうなるとやはり答練受けなくちゃいけないですよね。でも、答練だけでは足りないですよね。
ここら辺はなかなか厳しいみたいです。

答案の質は玉石混淆ですが、概ね良いと思います。
おそらくこれ以上の来年の試験対策としての答案集はでないと思います。
ある程度のレベルの人でないと新会社法を理解して書くのは難しいですからね。
最低でも名前を表に出せるような人でないと難しいと思います。

これを何回もまわして会社法の概要をつかむのがいいかなと思います。
結構分厚いのですが、目次や索引(条文、用語、問題文)が充実しているだけで量はそんなに多くないようです。
ゆっくりと少しずつ読み進めています。
今は、もうほとんど最後の方です。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も読み込んでおりますが、プレテストの問題は飛ばしてます。現行の試験では、ここまでの事実認定は要求されないのではないでしょうか?
Posted by サッカー馬鹿 at 2005年12月17日 21:56
っていうか結局来年の現行受けるんかい?
Posted by at 2005年12月18日 17:59
例えばどの答案が玉なんでしょうか。
Posted by あcえd at 2005年12月18日 21:18
会計士の問題まで入ってるんだね。
司試だけ受けるんなら、
過去問と答練で充分ではないでしょうか?
論文に関して言えば
会社法は1/12ですから...。
Posted by ss at 2005年12月21日 12:08
答練ならば、辰巳のローラーの憲民刑がいいと合格者が薦めてました。
Posted by よし at 2005年12月22日 01:21
最後の方の計算や資金調達なんかに行くと、もう、難しくて途中で読む気もしなくなっちゃう。

それと、条文あげるときはちゃんと何項・何号まであげるようにしてもらいたい。
Posted by まっちゃん at 2005年12月23日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。