2006年08月01日

完全犯罪マニュアル予兆?

↓完全犯罪マニュアル予兆?ええと、前に予告した記事を書きます。
遅くなってすみません。
ちょっと、詳細には無理っぽいですが。
ま、今まで誰にも話したことはないので、関係者が読んでも分からないと断言できますが。

ケース1
幼少期の頃ムカついて「死んじまえ!」と言った相手が1週間後に不自然な病死。
これは今考えてみても不可解なんです。
医学的にも科学的にも有り得ない。
進行性の病気なので、なんの予兆もなしに1週間で死に至るのは考えられないです。
絶対に自分のせいだと幼いながらにも罪の意識を感じました。
今でも心に重くのしかかる出来事です。

ケース2
また幼少期の時、ムカついた人がいて、「あの人の一番大切なものが無くなればいいな」と思ったら、その人にとって1番大切な家族がこれまた直後に不自然な変死。
これも宝くじ1等に当たる確率(1000万分の1?)よりも有り得ないことでした。
でもこれは「因果応報」だと今でも思っています。
穏便な性格の私が「死ぬよりも辛い目に遭って生きていって欲しい」と願ったような人ですからね。

ケース3
ちょっと大きくなって、ある男の子から交際申し込まれて、断ったらその子が自殺。
でも学校も学年も違うし、「知人の知人」というほとんど見ず知らずの他人でした。
フラれたから自殺した、とは思えない。
でも、これはかなり怖かったです。
その子とは2回しか面識はなく、初対面は一緒にいた知人がその子と偶然会って話してて私はただ2人が会話してるのを見てただけ。
2回目は私が友達と遊ぶために塾から帰る時に、その子がなぜか私のこと待ってて(待ち伏せ?それはそれで怖いが)声をかけられて、告白されたんですけど、よく知らない人なので断ったんですよ。
自殺したのはその日の夜でした。
事件性はなく、自殺と断定。
「成績等で悩んでいたらしい」なんて言われてて。
ああ、いつだって真相は報道されることは無いのだなあと思いました。
彼は私のこと周りの誰にも言ってなかったようで、(そもそも本当に好意を抱いていたか怪しい。)彼について私に質問が来ることはなかった。
(私だって彼が自殺しなければ、彼のことなど忘れていたが。)
私も「無関係」でずっと通してきたのですけど。
ある日母が「この前自殺した少年、もしかしてアンタが酷い言葉で振ったからじゃないでしょうねえ???」なんて言ってきたんですよ。
怖い。名探偵なみの推理。
でも酷い言葉では振ってない。振ったのは事実だけども。
私「まさかあ・・・・・違うよお」と言い返すのが精一杯。
警察官に「お前が殺したんだろう!吐けよ!」って冤罪つきつけられたってこんな恐怖は感じない、と思うほど背筋がゾっとしました。
でも母は名推理をした訳ではないことが後に判明。
単にその日、私と友達が少年の自殺現場近くを歩いているのを目撃しただけだったらしい。
しかも時間帯が全く違うので、単なる母の言いがかり。
自分の娘を疑うなんて・・・・・。
フラなければ、あの子はまだ生きていたのだろうか?と考えると今でも心に重い事件です。

ケース4
ストーカー男に、ストーキングを止めるように注意したら、直後に男が自殺未遂。
もううんざりだ。

そして前にも書いた目撃した有名人の数々の自殺。

私は霊感などまったくないし、信じてもいない。

というわけで(ってどういうわけだか)次回は私なりの「自殺論」の予定です。

大きい画像はここ
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:16| Comment(13) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。