2006年01月28日

恐怖の一夜・・  

恐怖の一夜・・  

数年前の夏に書いた日記を転載します。

 再びこの日記を書けることに感謝します。

つい最近、夜コンビニに行きました。
そこで弁当などを買った帰りのことです。
何やら後ろの方から視線を感じたので振り返りましたが、とくに何も見えません。
気のせいだったか、と思い直しました。
しばらく歩くと、レンタルビデオ店に警察がいたので「何だろう?」と見に行こうと道を曲がりました。
(何気にヤジウマですね。)
その時また後ろからかなり強い視線を感じました。
振り返って見たら・・・!

 全身黒い服で、黒い帽子を顔を隠すように被った男がいました。
暑いのに長袖長ズボンで、靴まで黒くて。すごく背が低い。
誰が見ても「怪しい!」と感じる風体の男でした。
それでも、たまたま私の後ろを歩いているだけでレンタルビデオ店に入るんだろうと思いました。
(私とその男の距離は5メートルぐらいだったと思います。)

そこで私もビデオ店の入り口に向かってそのまま歩きました。
ドアのところで私は突然立ち止まり、入り口から少し離れました。
さも中に入ろうかどうしようか迷っているフリをしました。
フェイントです。
私の後ろの黒い男がビデオ店に用事があるなら、私を追い抜いて中に入るハズだからです。

しかし、その男は中に入りませんでした。

この時です。私が黒い男に尾行されていると確信したのは。

私は男から10メートルほど離れて様子を見ました。
男は手に何かを持っていじくっていました。

すぐそばに警察がいるのに、私は反対側に進みました。
警察のところへ行くのには男のそばを横切る必要があったからです。
(警察はただの巡回だったようです。)
さらに人気がない、暗い道へ進みました。
(今思うと、気が動転していたんだと思います。)

少し離れて振り返ると、男はビデオ店を離れて、こっちに向かってきています。
真っ暗闇に男の顔(下半分)だけが見えて怖いです。
走りたい気持ちを抑えて、早歩きで進みます。
かなり離れたかな、と振り返っても、男との距離は縮みません。
黒い男は尾行に気付かれないように電柱の陰などに隠れ隠れ追ってきます。
(思いっきりバレてるけど)
いつ、男が走ってくるか、走って来られたらどうしようか、気が気ではない状況でした。
駅まで行ってタクシーに乗って、煙に巻こうかなどと考えました。

曲がり角を曲がった時、思い切り走り出しました。
ハイヒールで転びそうになりながら・・・。
懸命に隠れながら走りました。
交差点を渡ったところで振り返ったら、男の姿が見えなくなったので、一応は巻けたと思います。

だけど、その夜はもちろん、2、3日は怖くてたまらなかったです。
もしかしたら家まで尾行されてて・・・。
住んでいる場所を知られてるんじゃないかと・・・。

あの真っ暗で誰もいない道を歩いている時に浮かんだことは、翌日の新聞の見出しでした。
「通り魔の犯行か?女性の刺殺遺体発見!」みたいな。

これを読んだ人には大したことじゃないように思えるでしょう。
(私の文章力が稚拙なものですから。)
しかし私はこの日ほど身の危険を感じた日はありません。
これまでに何度も昔からストーカーや付きまといに遭い、待ち伏せや
追いかけられることは数え切れないほど経験してきました。
でもここまで恐怖を感じたのは初めてでした。
なぜなら人間本来が持ち得る野性的勘みたいなものが、
あの黒い男から「殺意」を感じ取ったからです。

おそらくあの男の計画は女性の家まで尾行し、その女性の家で凶行を・・・。
だから敢えてあの道で私に乱暴しなかった・・・。

何とか難を逃れることはできましたが、
その1ケ月後、更なる恐怖が待ち受けていました。

   つづく。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:27| Comment(10) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

悪材料出尽くし?

であげたようですね。
今後は上のしこりとりのため調整というところでしょうか。
過熱感からある程度のリスクヘッジをしていた方は多いと思いますが、ここまで急激な変化が起こると予想していた人はあまりいないのではと思います。

上はしこりが多いのですが、押し目買いも旺盛のような気がします。
本当にどうなるのでしょうね。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

【首席の勉強法】民法案内 私法の道しるべ【我妻民法】

【首席の勉強法】民法案内 私法の道しるべ【我妻民法】

民法案内〈1〉私法の道しるべ
我妻 栄 (著), 遠藤 浩, 川井 健


いわずと知れた民法の大家、我妻先生の本です。
法律の勉強の仕方、法律の学び方を主に書いてあります。
法律を学ぶ者ならぜひ一度は手にとって読んでほしい本です。

第56、57代内閣総理大臣岸信介と東京帝国大学(東京大学)の首席を争った非常に優秀な先生です。
その非常に優秀な先生の試験勉強が載っています。

優秀な成績を残した学者の書いた勉強法の本とでも言えばよいのでしょうか。

学者の試験勉強の仕方というものは、あまり聞いたことがありません。
試験勉強の方法論を語るのは、あまり良いことだと思われないからかもしれません。
そういう意味でも大変貴重です。

ロースクール・法科大学院や大学で首席や良い成績をとるためにも大変参考になります。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

司法試験・法科大学院(ロースクール)関連の主な記事 目次

司法試験・法科大学院(ロースクール)関連の主な記事の目次です。
主な記事がアップされるたび更新します。すべての記事ではありません。
なお、書評は、こちらで更新します。

1、改正対策
2、試験等体験記
3、択一勉強法
4、択一&論文総合勉強法
5、講座・答練検討
6、新司法試験総合

1、改正対策
○新会社法改正対策 どの本を使う?
http://miyuki.seesaa.net/article/9453451.html

2、試験等体験記
○平成17年度司法試験第二次試験短答式(択一式)を受験してきました。
http://miyuki.seesaa.net/article/3550507.html

○アタック60 LEC択一無料模試
http://miyuki.seesaa.net/article/1278862.html

3、択一勉強法
○択一対策方法論バイブル&刑法対策
http://miyuki.seesaa.net/article/1341204.html

○続・択一対策方法論バイブル 短答の優等生になる講座 穴埋め問題編
http://miyuki.seesaa.net/article/1363289.html

○択一刑法について
http://miyuki.seesaa.net/article/587952.html

○大好きです。&判例六法読み込み 択一の心構え
http://miyuki.seesaa.net/article/644807.html

4、択一&論文総合勉強法
○論文対策&択一対策の指針 年末に向けて
http://miyuki.seesaa.net/article/1236774.html

○択一論文直前の資料(休み時間の資料)
http://miyuki.seesaa.net/article/1074103.html

○司法試験の予備校等の受講・受験・勉強暦概略
http://miyuki.seesaa.net/article/630972.html

5、講座・答練検討
○ロースクール・法科大学院 & 現行対策講座選び?
http://miyuki.seesaa.net/article/969757.html

○後期答練
http://miyuki.seesaa.net/article/594006.html

6、新司法試験総合
○新司法試験選択科目?
http://miyuki.seesaa.net/article/462949.html

2006年01月16日

ライブドア祭り

(株)ライブドア (マザーズ:4753)
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4753.t&d=t
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=%a5%e9%a5%a4%a5%d6%a5%c9%a5%a2&d=v1

ライブドア祭りですね。

NHKフライングでしたね。報道は正確に伝えて欲しいですね。
買残多いです。市場への影響が心配です。

で、具体的にどうしたのかということですが、現時点では情報が錯綜してぜんぜんわかりませんね。諸説出ているようですけれど。

明日は様子見ですね。安くなれば買いを入れるかもです。
もちろん、ライブドアは買いませんよ。
もし、欲しい人がいるとすれば買いのチャンスかもしれませんが。

株をやっていると、
悪材料→買いのチャンスかも?
好材料→売りのチャンスかも?
という発想になってしまいます。

あがったから売る、さがったから買うってところですね。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 20:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

泉州電業(株) (東証2部:9824)と株式投資でよく使うサイト

泉州電業(株) (東証2部:9824)と株式投資でよく使うサイト

久々に株です。ぜんぜん更新してなくてすみません。

○相場の概況などを
最近はすごいですよね。
企業の経営陣もバブルを感じているようですし。
どこまでいくのでしょうか。2万円台もあながちありえない話ではないですよね。
あとは、懸念材料がでないかですね。
現状でもやっぱり恐る恐る買っている人も多いと思うんですよね。
そろそろ天井か、また暴落か、また調整かという感じで潜在的なリスク意識とでも言いましょうか。
それらが完全に払拭されたらもっと本格的なバブル相場になるとは思いますが。
デフレ脱却、デフレ脱却と小泉首相もいってますけどね。
さてさてどうなることでしょうか。

下がる要因があまり見当たらず、上がる要因ばっかりなのが最近多いような気がします。
もともと日本株はバブルの後遺症で必要以上に安すぎますからね。
懸念材料が少ないように思います。それでもまだまだ潜在的なリスクを感じてしまいますけど。

というわけで、懸念材料のみ触れると・・・
最近の個人的な懸念材料は為替ですね。
あと、短期的な懸念材料としては、過熱感です。
といっても、短期的な調整の可能性があるというだけで、中長期的には気にすることないと思います。
一本調子で上がるってことはあまりないことですからね。株価は波のようにですか。

現在の持ち株は、泉州電業(株) (東証2部:9824)、一部上場昇格候補銘柄一つだけホールドです。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9824.t&d=t
他は売ってしまいました。

大きい調整が入ったら様子を見ながら押し目ねらいですね。

○泉州電業(株) (東証2部:9824)
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9824.t&d=t
一応自分なりの分析です。
昇格予想は、4月です。
まぁ、春への昇格を狙った銘柄なので縁起を担ぐ意味もあるんですよねw

割安で、成長性がとても高い株です。
2005/12/14に増益、増配を発表です。再増配もありうるそうです。
配当が増えて、さらに利益の見通しももっと上がりそうですしね。
http://news.finance.livedoor.com/news/detail/id/2_2_22005122611/
社長がさらに好調になるだろうといっているのもいいです。
こういうトップがいる会社は頼もしいです。

バブルっぽいのに、現状でもまだ割安なのがいいかもです。
新高値更新中で勢いもあります。でも、まだ割安です。
東証2部にありがちないわゆる出遅れ株だったんですね。今でもまだ出遅れてるようですけれど。
昇格候補としてもっと注目されれば、すぐに適正な水準まで行くと思います。
1部に昇格すれば外資からももっと注目されるでしょうし。
今後、相場全体の過熱感が強まれば、こういう出遅れ株に資金が流入すると思いますし。

ただ、わからないことが一つあります。
1.10、窓を開けていきなり上昇したことです。
何か材料あったのでしょうか?それともインサイダーか何かでしょうか。
それがいまいちわかりません。
週刊誌で推奨でもされているのかな?
まるで材料が出たかのような感じなんですよね。
それがよくわかりません。

○よく見る株式投資サイトです。

E*トレード証券

手数料がとにかく安いのがいいですね。おすすめです。
HYPER E*TRADEが出てから投資ツールも使いやすくなりました。最強?
MOBILE E*TRADEもいいです。携帯でもHYPER E*TRADEと似たようなものがつかえます。
大好きです。上場しているイートレも最近調子いいですし。

livedoor ファイナンス
http://finance.livedoor.com/

意外に役に立ちます。掲示板やブログの情報が集めやすいし、その他の情報もいいです。
チャートも使いやすいです。
掲示板やブログの記事の情報を集めると株主がどう思っているかざっとわかって参考になります。
それが簡単に集められるのでかなり便利ですね。
投資心理も馬鹿にはできません。

Yahoo!ファイナンス
http://quote.yahoo.co.jp/

ニュースを補完的に見たりします。
ざっと情報を確認するのにも使っています。
あと、ランキングが結構役に立ちますね。

他にも膨大なブックマーク群があるわけですけれど、主に使っているのは上記です。
ブックマークは定期的に整理するといいかもです。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 20:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

【判例で学ぶ行政法】判例行政法入門【初学者に最適】

【判例で学ぶ行政法】判例行政法入門【初学者に最適】

判例行政法入門
芝池 義一 (編集)

出版社: 有斐閣 単行本: 259 p ; サイズ(cm): 21 x 15

行政法をとりあえず勉強しなくちゃ!と思って購入しました。
入門と書かれているだけあって、わかりやすいです。

当然ながら改正対応です。百選はまだ対応してないのに。

判例の前にその判例を理解するための基礎知識が書いてあり、判例もすんなりと読めます。
行政法は、憲法と同様判例が大切だそうですので、判例で学べる入門書は大変貴重ではないかと思います。
また、判例の勉強の仕方も載っているので大変ありがたいと思います。
判例を読む際の基本用語の解説もしてくれます。たとえば、破棄自判とか。
本当に初学者を念頭において書いているようです。

判例集としても百選よりは格段に読みやすいと思います。

もう3回ほど読みましたが、これでちょっとは行政法がわかってきたと思います。
演習問題出されても結構解けちゃうかもしれないですね。

分量も少なくコンパクトですし、主要な判例はほとんど網羅されているようです。
150以上の判例があるそうです。論点的にも網羅されていそうですね。

まとめに読んだたら、軽く読めて基礎も確認でき、判例まで抑えられる。
まとめにもいいかもしれませんね。こういう本が他の科目にもあるといいなと思いました。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

今年はどんな年に? 株・ロースクール・司法試験・司法書士試験

あけましておめでとうございます。
昨年中はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

今年は、どんな年になるのでしょうか。

相場もバブルじみていますが、ブレーキをかけるようなニュースもちらほらと出始めてきました。さまざまな思惑があるようですね。
外国人主導ではなく、日本人主導のバブルが来てほしいものです。

現行司法試験もまだまだ枠としては現実的な数字です。
昔に戻ったというだけですね。

新司法試験、法科大学院制度は、理想と現実の狭間でゆれていますが、今後どうなっていくのでしょうか。株価の予想よりも難しいといわざるを得ません。

今年は商法の大改正の年です。
司法試験にとっても教材不足で大変です。
司法書士試験でもかなり大変らしいみたいです。

とりあえず、神田先生の会社法の基本書を読みつつ、新・会社法 100問 葉玉 匡美 (著)を読み解いています(100問は去年中に一度通して読み解くことができました)。

組み合わせ的には結構いいと思います。

というわけで、今年もがんばっていきましょう。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:17| Comment(7) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。