2005年12月23日

初学者ですが何か? - 記述式対策 商業登記 不動産登記 入門【司法書士の勉強開始?】

mg20051223.jpg司法書士試験 うかる!記述式対策 商業登記 入門編
蛭町 浩 (編集), 伊藤塾 (編集)

うかる!記述式対策不動産登記 入門編
蛭町 浩 (編集), 伊藤塾 (編集)


を読みました。
軽くですけど。最後の書式演習はやっていませんけど。
書式演習の問題と解答解説が付いているのがいいと思います。
現時点では、商業登記の記述の問題を解こうとしたらこれしかないのでしょうかね。
唯一ということで重宝しそうですが。

分かりやすくていいと思います。
実体法が分かっているところは斜め読みで足りると思います。
そうなるとほとんど斜め読みに近いんですよね。
実体法とかなり関連性があるように思いました。

今まで実体法で勉強した対抗要件には登記をとか、登記したので、とかそういう話が立体的に見えてくるような感じがしました。
やっぱり周辺法令の入門程度でも知ると、結構答案に深みが出るかもですね。

そういえば、今日が司法書士試験対策としての勉強開始日ですね。

初学者ですが何か?

大きな画像はここ
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:47| Comment(19) | TrackBack(0) | 司法書士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

【誤植訂正済み】新・会社法 100問葉玉 匡美 (著)【再入荷】

新・会社法 100問
葉玉 匡美 (著)


出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478100195 ; (2005/11/18)

2刷の誤植を訂正したものが再入荷したようです。24時間以内発送になっています。

現時点での唯一の過去問+新問の答案集です。
プレテストのものっています。
しかし、プレテストは問題が難しいですね。
事実認定が特に。
これが要件事実論とかいうものなんでしょうか。
少しなれないといけませんね。・・でも、どうやって慣れればいいのでしょうか。
現時点では問題数が少なすぎます。
そうなるとやはり答練受けなくちゃいけないですよね。でも、答練だけでは足りないですよね。
ここら辺はなかなか厳しいみたいです。

答案の質は玉石混淆ですが、概ね良いと思います。
おそらくこれ以上の来年の試験対策としての答案集はでないと思います。
ある程度のレベルの人でないと新会社法を理解して書くのは難しいですからね。
最低でも名前を表に出せるような人でないと難しいと思います。

これを何回もまわして会社法の概要をつかむのがいいかなと思います。
結構分厚いのですが、目次や索引(条文、用語、問題文)が充実しているだけで量はそんなに多くないようです。
ゆっくりと少しずつ読み進めています。
今は、もうほとんど最後の方です。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 19:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

【定番】内田民法 1から4 総則・物権・債権・家族法網羅!

民法 (1) [第3版] 総則・物権総論
民法 (2) 債権各論
民法 (3) 債権総論・担保物権
民法 (4) 補訂版 親族・相続
内田 貴 (著)
出版社: 東京大学出版

 一番使われている基本書です。定番中の定番でしょう。
 多くの大学で参考書として指定されているようです。ロースクールでもそうだと思います。
 家族法 まで揃いました。
 T総則・物権総論、 U債権各論、 V債権総論・担保物権 、W家族法と出ています。
 民法は、量が膨大なため、一人の学者で全分野を網羅することは困難です。
 それにもかかわらず、書く学者が違うとよって立つ体系が違うために混乱することがあります。
 そんな中で一人の学者で統一できるというのは大きなメリットです。

 プロブレムメソッド的な本です。
 とても分かりやすいので初学者にお勧めです。
 また、面白い分析もあり、読みものとしても楽しいです。

 ただ、自説を通説のように書いているところがあります。その点には注意しましょう。

 なんだかんだいってもシェアNO.1です。
 多くの人が読んでいるのだから、欠点があってもみな同じ条件でしょう。
 そういう意味では無難でもあります。
 最新の問題意識が多いです。試験においては最新の問題意識が出ることが多いため、試験のタネ本とも言われています。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

【刑法版芦部!?】刑法入門 大塚 仁 (著)【コンパクト】

刑法入門
大塚 仁 (著)
出版社: 有斐閣 ; ISBN: 4641042144 ; 第4版 版 (2003/09)
369 p ; サイズ(cm): 21 x 15

 行為無価値ベースの元試験委員です。
 コンパクトに判例通説、というか実務を解説するため書かれた本です。
 入門と名前がついていますが、中上級者にも十分使えます。まとめ本としても有効です。

 分かりやすさNO.1だと思います。あまりの分かりやすさに感動します。初学者必読です。
 これ以上分かりやすい本はないのではないでしょうか。
 大御所の先生が本気で分かりやすい本を書こうとしたら、こんなにも分かりやすい本ができたということでしょうか。
 コンパクトなのでさらっと確認するのにもいいですし、体系確認にも使えます。最初に読めて後々も使える、芦部憲法みたいです。
 この本を読んでから、刑法が分かるようになった感じがします。
 刑法に苦手意識を感じている人にはぜひお勧めします。

 私は択一刑法に苦手意識を感じて読みました。
 択一刑法ができない人は刑法がよく分かってない人が多いと思います。

 論理的にすばらしい本なので、読むだけでひとつの体系が頭に構築されていくのが分かります。
 その体系さえあれば、択一刑法の勉強も楽になっていきます。
 その体系からどう違うか、どう派生していくのか、それだけですみますし。
 この本のおかげで択一刑法といえど、基本が大切ということをしりました。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 17:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

【新会社法対応】 3時間でわかる商法入門

3時間でわかる商法入門
Wセミナー専任講師 萬屋 舞人 著
Wセミナー 編著

1,575円(本体1,500円) 126ページ

一応、法律が初めての人でも読めるようにできているそうです。
新会社法対応だそうです。
126ページでイラストを用いてあるそうなので簡単に読めそうです。
30分〜1時間程度でも読めそうです。
こういうので概略でもつかんだ方がいいのかな。

薄いですからこういうものの方がいいのかもしれませんね。

posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 司法試験関連の本・書籍の書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

会社法改正!

会社法、だいぶ変わっていますね。
あまりに変わりすぎているせいか、読むのが大変です。新・会社法 100問葉玉 匡美 (著)読んでいるのですが、まるで初めての法律のものを読むかのように時間がかかります。
合同会社って有限会社を人的会社に近づけたもののような感じなんでしょうか。

神田先生の会社法などを先に読んで新会社法の基礎を身に付けてからのほうがいいかもしれませんね。

もう変わりすぎです。こんなに変わっているとは思ってもいませんでした。旧法の知識が邪魔になるような感じです。
この際、本当に新しい法律を勉強するつもりでやった方がいいかもしれません。

思ったより時間がかかります。大変です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。