2005年02月26日

原作オペラ座の怪人 密室トリックの元祖「ガストン・ルルー」



原作の小説をやっと読み終わりました。
映画の感動の余韻がまだ残っていたのに、読み終えた時には、そんなの全く無くなりましたよ。
やっぱり映画のは「オペラ座の紳士」以外の何者でもない!
小説のほうはもっと怪奇ホラー&冒険モノです。
ちょっと推理もあるかな?
当時(今から100年くらい前)流行の推理小説と同じ、回想録風の文体なんですよ。
作者ガストン・ルルーは弁護士と新聞記者を経て作家になったそうです。
なんと、完璧な「密室トリック」を初めて創ったのは彼なのだとか。
それだけに伝聞調の文体もサマになっているし、推理トリックもなかなかですねえ。
(ちょっと強引な無理がある設定だったりもしますが)
100年前に書かれたとは思えない見事な小説だと思います。

しかし小説とかって昔からあまり読まないほうなので、無駄に伸ばす長編小説は辛かったですね。
中盤はひたすらクリスティーヌの思わせぶりな態度と、その恋人の苦悩でひっぱってました。
ここらへんは省略して欲しかったですね。
それに比べてラストはたたみかけるように終わるのです。
あんなに残酷で非道な怪人が「自分のために泣いてくれた」からと、
2人を解放するなんて・・・・ちょっと有り得ないなあ・・・・。

同情は愛なんかじゃないよう。
posted by :miyuki ◆2gCyH5Y5cY at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | miyukiの日常2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。